株式会社ワイズ・ラブ

JP

IoT

IOT

ホーム > 製品・ソリューション >IoT

キャンパス内自転車管理システム

ICタグを自転車に装着し管理することで、大学内の自転車管理に関する様々な課題を解決します。

キャンパス内の自転車管理の現状、問題点

大学の自転車管理の大きな課題として、
「撤去・廃棄処分の迅速な執行」
「構内外違反駐輪自転車の整理及び注意喚起」
があります。

多くの大学では、登録証としてのシールを自転車に貼付し、その情報を目視で運用する方法で行なわれ、整理員の作業負荷が大きくなっています。

そこで当社は「NFC対応ICタグを利用した、自転車管理システム」を開発致しました。

キャンパス内自転車管理システム概要

キャンパス内自転車管理

自転車の登録

IDカード(学生証)とセットでICタグ(以下、自転車タグ)のデータ(タグID)を読取ることで自転車を登録する。

整理員による自転車タグのスキャン

  • 卒業生撤去対象自転車の検索
    卒業生のタグIDを読み取った際には、タグリーダ画面表示や振動、ブザーで整理員に知らせる。
  • 違反駐輪自転車を記録
    違反自転車を記録した時には、位置情報も同時に記録し、時間情報と共にデータを収集。

学生のスマートフォンによる自転車タグのスキャン

違反場所に自分の自転車を置いた時には、スマートフォンアプリより通知が可能。

スキャンデータの利用

  • 違反自転車として記録されたデータを、所有者への注意喚起(電子メールの自動配信)などに利用できる。
  • 蓄積された違反駐輪記録データを分析することにより、駐輪場の最適な配置、整備に利用できる。
  • など・・・

関連するソリューション・製品

資料ダウンロード

IoT製品に関するお問い合わせ

IoT製品の商品開発試作開発ご相談商品のデモなどのご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください。