株式会社ワイズ・ラブ

JP

NFC

PRODUCT/NFC

産廃コンテナ位置管理システム

各所で積み下ろしされる産業廃棄物用コンテナの位置や状態をスマートデバイスアプリとNFCタグを利用して管理するシステムです。

産廃コンテナ位置管理システム概要

産廃コンテナ位置管理システム


産廃コンテナ位置管理システム

  • 管理するコンテナ全てに、NFCタグ(※1)を貼り付けます。
  • 通常のNFCタグは金属面に貼り付けると反応しません。
    そのため、金属に対応したNFCタグを利用します。
  • 運転手は、運んだコンテナを積下ろした後、スマートデバイス(※2)でNFCタグを読み取ります。
  • スマートデバイスのアプリと連動し、NFCのIDとスマートデバイスの位置情報等をサーバに送信します。
  • WEBを利用し、コンテナの位置や積下ろし状況、移動履歴等を確認することが可能です。

特徴

  • タグは、安価なパッシブタイプ(※3)を利用することで、コストの削減が可能。
  • スマートデバイスには、Androidスマートフォン等安価で高性能な市販品の利用が可能。

産廃コンテナ位置管理のよくある質問

Q.NFCタグの費用が大きなものになりそうに思いますが?
A.基本的には、タグを使い捨てた方が運用の負荷が小さくなります。
この場合、コンテナ1台あたり 1枚数十円のNFCタグが必要です。
どうしてもその費用を抑えたい場合は、NFCタグを再利用することでタグのコストを限りなく0に近づけることが可能です。
Q.現在コンテナにバーコードを付けて管理しているのですが?
A.NFCタグを付ける代わりにバーコードをスマホで読ませることで同じように位置の管理が可能ですが、NFCタグを読む場合と比べて作業担当者の運用負荷が少し大きくなります。
Q.NFCリーダが付いたAndroidのスマホではなく、iPhoneでも使えますか?
A.現在、iPhoneアプリを準備していませんので、新規開発となります。 NFCタグの読み取りには、iPhoneとBluetoothで接続できるNFCリーダがありそれを使います。

※1:NFCタグ…「かざす」だけで誰でも簡単にデータ通信が可能になる、通信距離10cm程度の近距離無線通信タグ。 Near Field Communicationの略。

※2:スマートデバイス…スマートフォンやタブレット端末などあらゆる用途に仕様可能な多機能端末。 Androidスマートフォン、iPhone、iPadなど。

※3:パッシブタイプ…電池/電源の無いもの

関連するソリューション・製品

資料ダウンロード

現場向けアプリ開発製品に関するお問い合わせ

現場向けアプリ開発製品の商品開発試作開発ご相談商品のデモなどのご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください。