株式会社ワイズ・ラブ

JP

BLE(Bluetooth Low Energy)

BLUETOOTH LOW ENERGY

特定フィールド内運動者健康サポートシステム

Beacon(ビーコン)(※1)という「電波を出して場所を知らせる装置」を装着した運動者のID、位置情報、受信日時等の動線分析データを、スマートデバイスアプリで収集するシステムです。 アンテナ工事などは不要です。

特定フィールド内運動者健康サポートシステム概要

特定フィールド内運動者健康サポートシステム
  • Beacon(ビーコン)(※1)を装着した運動者のID、位置情報、情報取得日時等を専用のスマートデバイスアプリで収集します。
  • 記録はクラウド上にあるサーバーに保存します。
  • 運動者は、専用のスマートデバイスアプリで自分の記録データを確認することができます。
  • クラウド上のデータは、管理者により確認・分析をおこなう事ができます。

大阪府立大との共同開発

このシステムは、大阪府立大学 吉井准教授監修の元、株式会社ワイズ・ラブが開発致しました。
大阪府立大学キャンパスを特定フィールドとし、Beacon(ビーコン)(※1)を装着した運動者のID、位置情報、情報取得日時等をスマートデバイスアプリを利用して記録係(※2)が収集します。
クラウド上のサーバーでデータの管理・分析を行います。

システムの今後

今後は、ランニングログシステム同様、記録の分析を充実させると共に、市民の皆さまにも利用していただき「体力の維持」・「リフレッシュ」など健康への意識を高めるサービスにしていく予定です。

※1:ビーコン…Beacon(ビーコン)とは、低消費電力の近距離無線技術「Bluetooth Low Energy」(BLE)を利用した新しい位置特定技術、また、その技術を利用したデバイスです。定期的に電波を発信する仕組み・装置です。

※2:記録係…専用のスマートデバイスアプリを利用することで、誰でも記録係になることができます。

関連するソリューション・製品

資料ダウンロード

BLE(Bluetooth Low Energy)製品に関するお問い合わせ

BLE(Bluetooth Low Energy)製品の商品開発試作開発ご相談商品のデモなどのご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください。