株式会社ワイズ・ラブ

JP

現場向けアプリ開発

APPLICATION DEVELOPMENT

金属加工業向け工程管理システム

中小金属加工業には、管理システムの導入が遅れている工場が数多くあります。

そこで、現場に負荷がなく、作業精度・効率も向上する「安価で使い勝手の良いシステム」を開発しました。

現場での課題点

現場の進捗状況が正確かつリアルタイムに把握できていない

  •    → 正確な納期回答が不可能
  •    → 作業時間の正当性があいまい
  •    → 効率的な機械稼働スケジューリングや人員配置ができない

不良発覚時の原因究明や生産ロット追跡が困難である

  •    → 納入先での生産遅れが発生
  •    → 損害が必要以上に大きくなる可能性がある

工程の『見える化』を目指しました!

システムの流れ

金属加工業向け工程管理システム
  • 受注情報を入力し、情報を蓄積。
  • 受注情報と連動したICカードを発行。
  • 生産担当者は、ICカードをRFIDリーダーにかざすことにより、作業指示を確認。
  • 生産担当者は、RFIDとタッチパネル端末により作業実績を入力し、情報を蓄積。
  • 事務所では、作業の進捗状況、仕掛かり状況を把握
  • 実績データの活用、上位システムとのデータ連携

関連するソリューション・製品

資料ダウンロード

現場向けアプリ開発製品に関するお問い合わせ

現場向けアプリ開発製品の商品開発試作開発ご相談商品のデモなどのご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください。