株式会社ワイズ・ラブ

JP

IoT

IOT

ホーム > 製品・ソリューション >IoT >ランニングログシステム

ランニングログシステム

ランナーにRFID(以下ランナータグ)を装着し、ランニングルート上のマーカー(アクセスポイント)を通過した際のID、通過日時等の記録情報を収集するシステムです。

ランニングログ システムシステム概要

ランニングログシステム
  • ランニングルート上にマーカーを設置し、そこを通過したランナータグを装着したランナーのID、通過日時等の情報を収集します。
  • 記録はクラウド上にあるサーバーに保存します。
  • 電子ペーパーを利用した表示装置をランナーが操作すると、自分の記録データを確認することができます。
  • クラウド上のデータは、管理者により確認・分析をおこなう事ができます。

大阪府立大学での運用事例

ランニングログシステム:大阪府立大学での運用事例

キャンパス周回タイム計測システム(大阪府立大学構内)

システムの概要

このシステムは、大阪府立大学 吉井准教授監修の元、株式会社ワイズ・ラブが開発致しました。

大阪府立大学構内に設置されたマーカーとICタグによって、ランニング・ウォーキングの周回タイムを自動記録しています。 クラウド上のサーバーでデータの管理を行い、個人の記録は、電子ペーパーを利用した表示装置で確認することができます。

システムの今後

今後は、記録の分析を充実させると共に、市民の皆さまにも利用していただき「体力の維持」・「リフレッシュ」など健康への意識を高めるサービスにしていく予定です。

関連するソリューション・製品

資料ダウンロード

IoT製品に関するお問い合わせ

IoT製品の商品開発試作開発ご相談商品のデモなどのご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください。